葬儀や法要でお経をあげる際の流れ

葬儀や法要でお経をあげる際の流れ 葬儀や法要をする際に僧侶にお経をあげてもらいますが、それぞれの流れを紹介します。

通夜から火葬までの間で僧侶にお経をあげてもらう回数は、少なくとも4回あります。通夜でお経をあげてもらう場合ですが、僧侶が祭壇の前に座り読経をします。所要時間は概ね20分から30分です。宗派によってはその後に法話をします。告別式の場合は、40分から60分程度が目安です。葬儀後に初七日法要をされる家庭もあり、告別式終了後すぐに行います。そこでもお経をあげてもらいますが、所要時間は概ね20分です。火葬に行った際にもお経をあげてもらいます。火葬場にて、炉に遺体を入れる前にあげる釜前と、火葬が済んで収骨する前にあげる遺骨法要があります。所要時間は10分程度です。それぞれお経をあげている際に、参列者が焼香をする場合は更に時間を要します。その他として、地域によっては故人を安置した際にあげてもらう枕経があります。

僧侶にお経をあげてもらう際には、回数分のお布施が必要です。一回の費用相場はだいたい5万円です。お布施の額は家族の気持ちで充分ととらえている寺院もあります。宗派によってはお布施そのものをもらわないところもあります。葬儀や法要のたびに支払う場合や、火葬が済んでからまとめて支払う場合など寺院によって異なります。戒名を授かる場合には、別途その料金が必要となります。これらの点を菩提寺や地域の責任者、場合によっては手配した葬儀会社に予め確認しておくとよいでしょう。

葬儀における主なお経の種類を紹介します。天台宗の場合は、阿弥陀経や妙法蓮華経が読まれることが多いです。般若心経もこちらに該当します。真言宗の場合は真言を唱えたり、理趣経の種類が主に読まれます。臨済宗は、通夜の場合は遺教経や父母恩重経を読まれます。葬儀や告別式では、観音経、大非心陀羅尼経が読まれ、それぞれの場面にて異なります。曹洞宗の場合は、和語のタイプが読まれることが多いです。参列者に世の無常を説くことが目的です。通夜の際には、道元の教えである修証義を読みます。浄土宗の場合は、阿弥陀経が主に読まれます。数多くの念仏を唱えることが目的です。浄土真宗の場合は、本願寺派と大谷派にて異なることがあります。日蓮宗はお題目である南無妙法蓮華経を皆で唱えることが特徴です。

葬儀や法要において、お経の回数が多いと相応に費用がかかります。宗派によっては、通夜と葬儀それぞれにお経の種類が異なりますが、それぞれ宗派の教えに基づいた意図があります。お経の意味を知ることで、故人への弔いがより深いものになります。

最新ニュース